たのスロ

とあるパチスロ脳サラリーマンの思考。

プチマーメイドのすゝめ

ホールさんによってはまだ設置があることかと思うプチマーメイド。
彼女が稼ぎ頭だった時期があったのですよ。
導入当時付き合っていた彼女を初めてパチスロに連れて行った時にデザインを気に入ったらしく着席したのがプチマーメイド。
3台設置だったので隣でパチスロそのものの打ち方を説明しながら打ったのが初打ちで、あれやこれやと変則打ちを試しながら打ったのはいい思い出なのだ。


ちなみに俺はノーマル機の初打ちは最低限の知識(ボーナスの最大枚数獲得手順など)以外の細かい数値やリーチ目等の知識は入れないで模索しながら打つのが楽しむ為の秘訣だと思っている。


さてそんなこんなで時は経ちプチマーメイドの設置はだいぶ少なくなってきたのではあるが、楽しい楽しい変則打ちを紹介しようと思う。


こちらがリール配列。

とりこぼしうる小役はタコとチェリー。
ちなみにタコ図柄とリプレイ図柄は2種類あるが1枚役を気にしないのであれば問題無い。
左でチェリーをフォローしつつタコまで滑ってきて揃わなければリーチ目というのがおそらくは基本的な撃ち方になるだろう。
(成立ゲームで告知ランプが光るので知らなくても問題は無いのだが)


早速中押し手順から。
最初に中リール枠上あたりに赤7を狙う。
中段サメ停止→サメなので残りのリールをフリー打ち
赤7下段停止→リプorハズレorボーナス。残りリールをフリー打ち。右中断にチェリー(BARの3コマ下のチェリーは違うかも)停止でリーチ目。


さて、ここからが大事。
赤7上段停止→タコor1枚役orボーナス。
タコ・7・タコの1枚役をフォローをするのであれば右リールにマーメイドを、左リールにはマーメイドの下のタコを上段に狙うと上段で揃う。
またタコ・タコ・BARの1枚役を狙う際は右下段にマーメイドの2コマ上のタコをビタ押しすればタコと1枚役を同時にフォローできる。演出等は基本的に無く、小役の示唆も無いので好きな方を狙えばいいと思う。
赤7中段停止→チェリーor1枚役orボーナス(停止タイミングが遅いとここからタコが揃うこともある)
右リールに上段付近に赤7を狙う7チェリーBAR停止で2確になると思うんだけど見たことがない。
赤7がテンパイする形で停止した場合、左リールのテンパイラインに赤7の2コマ上にあるリプレイを狙う。
リプレイ図柄が2種類あるのはまさにこのため。右リプって呼ぶね。
右リプ・赤7・右リプ/赤7が揃えば1枚役獲得。右リプの4コマ上にチェリーがあるのでチェリー成立であれば滑ってくるし、滑ってきてもチェリー重複があるのでそこまでガッカリでもないのですよ。


以上が中押し。
タコハズレとかチェリーハズレで熱くなれたり、1枚役をほとんどフォロー出来たりと楽しめるポイントが多い。


次に逆押し。
右リール上段にマーメイドを上段に狙う。
上段停止→サメorハズレorボーナス。一応右リプ・7・右リプ/7の1枚役もとれるがフリー打ち。中リール下段に赤7停止は滑りコマ数不問で2確になるはず。色々試したけど止まらないので。
枠下に停止→リプレイ。リプハズレとかあるかなーとか思ったけど無さそう。タコ・7・タコの1枚役がワンチャンあるかも。


下段停止→タコorチェリーorボーナス。ここでしか熱くなれない。左リール上中段に赤7の下のBARを狙って、チェリーが滑り落ちればタコor1枚役なのでタコを狙うチェリーが残ればチェリー。
マーメイドの下のBARだと1枚役とれませんのでご注意を。
中段停止→1確。おそらくは単独BIG。


以上が中押し手順。
中下段停止以外が軒並みお寒いので、オススメは中押し。


ちなみに変則打ちするとチェリーの強弱が判別できなくなります。が、そこがいい。


こういう記事もたまにはいいよね。
だって北電子大好きなんだもの。ジャグラーもマタドールも大好きなんだもの。