たのスロ

とあるパチスロ脳サラリーマンの思考。

不二子②※追記あり

不二子のおもしろさを知ってしまった俺は口を開けば「不二子!不二子!ウヒョー」と狂ったように布教(?)をしているのだ。


最近は変則押しに執心しており、タイプライターやサイドランプ点灯時に逆押しや中押しで楽しんでいる。



〇中押し手順


中リール枠上~中段にバー狙い


①上段にプラム停止
ハズレorチェリー(多分種無し)
左リールにチェリーを狙い、右はフリー打ち


②中段にプラム停止
プラムorボーナス(orチェリー)
プラムハズレでボーナス。
チェリーが出てきたことがあるような無いような。
おもしろいのが中→右→左と打った場合には中段でしか揃わない癖に中→左→右と打つと斜めに揃ったりする。
多分左を先に押せばどっちのプラムなのか判別できて設定推測の材料になるんだろーなー。


③中段にリプレイ停止
リプレイor特殊リプレイ
リプレイがハズれてボーナス!みたいなのは未確認。
右上がりにリプレイが揃う。
中段に揃ったり、右リール上段にベルやバーが止まって特殊リプレイが出てきたりするが多分成立後だけ。
ちなみにボーナス後のチャンスゾーン中は俺の実践上通常のリプレイが出てきたことがないので、特殊リプレイ1確になりそう。


④上段にベル停止※追記あり
ベルorボーナス(orチェリー)
中押ししていて一番熱くなるのがこの停止形。
ベルがハズれたらボーナス。
チェリーが出てきたような気もするので左リール中段にバーをビタ気味に押す。
※中→右と押して、右リールでベルを引き込まない箇所を押した場合、左にチェリーを引き込んで3枚の払い出しがあるのを確認しました。
その際は払い出し音がありませんでした


バーが下段に止まれば2確なのでそのまま右リールにもREGを狙っていく。
この時右リールのバーが中段に止まれば赤7系ビッグ、下段まで滑れば青7ビッグな気がする。
左リールがベルまで滑ってもそこからベルハズレでボーナスになったりするのでホント楽しめる。


ボーナスが出てくるのは②と④で②はレアで④がほとんど。単調になりがちと言われれば間違いないのだけど、逆押し(そのうち書きます)を織り交ぜると飽きないで打っていられると思う。

不二子

初不二子というわけではないのだけれど、不二子を打って参った次第。
前回打った時の印象としては、ボーナスがめっちゃ重いというのが第一あったのだけど、今回ふらっと座った不二子はボーナスがハチャメチャに軽くて速攻2箱ガチガチにしてしまうほど。


そんな中ノーマルBIG中の仕組みをあれやこれやと考えたり、枚数調整のため変則押しをしてみたりと試してみたので、書き連ねてみる。
(つーか解析見ろよ)


・ノーマルBIG中の小役ゲームでは小役の他に強JACと弱JACを抽選している。

弱JACは3回の小役入賞で終了
(ほぼ6枚役)

小役ゲームに戻る


・強JACは4回の小役入賞または12ゲーム消化で終了


・強JAC中は1枚掛けで大きく分けて4種類のフラグが存在する

〇15枚役+6枚役(中リール青狙い→左フリー→右フリーで6枚役入賞)
〇15枚役+6枚役+強JACストック
〇1枚役(ファンファン鳴って赤テープのやつ)
〇1枚役+強JACストック

ファンファン赤テープで逆押しした時リプレイのテンパイラインが複数あることに気付いた。

〇右上がり(強JACストックは無さそう)
〇下段(強JACストックは主にここから出てきた)
〇中段(BIG1回に1,2回出てきて全部強JACストックが出てきた)


とまぁこんな感じ。
BIG始まったらとにかく早く強JACを引いてループさせないと弱JACと6枚役でガリガリ削られていく。
技術介入要素は強JAC中の小役ハズしと最後の枚数調整くらいなもんで、運ゲー要素強めかも。


それから、強JAC中小役ハズしの中段リプレイテンパイは設定差がもしかしたらあるかも...みたいな妄想はしてました。


ノーマル機は解析を見ないことが楽しむ為のファクターだと思っているので、間違いや補足あったら教えていただけると嬉しい。



今日打ったまどマギ
ボーナスよりも早く直撃を引くという...
初ボーナスはエピボでした。
穢れ示唆出てたので追おうか迷ったけど、時間的にノーマルかなと思って不二子に移動して正解だったよ🙃


バーサス-9k
まどマギ+2k
不二子+50k
お疲れっしたー



ハイパーリノについて


久しぶりの記事はやっぱりリノ絡み。
最近入り用が続いてリノやスーリノで勝負できなかったのもあり普段あまり触らないハイパーリノに座ることが多かったのでその件について。


こっちは完全なノーマル機なうえに設定が無いので安心して小一時間ふらっと打ったりできるのが強み。


設定が無いのでどこで差をつけるかといったら、通常時の青リンゴをきっちり10枚でとったり、ボーナス中の技術介入をしっかりしたり、ボーナス成立をいち早く察知してなるべく成立ゲームで入賞させたりという点になってくる。


そうすると毎ゲーム順押しで赤7狙いがベストなのだけど、楽しさを優先するなら右ないし中リールで青7を狙って素早く左リールをフリー打ち。


これ。


リノやスーリノの基本この打ち方なのだけど、こっちはリーチ目やトマトがバンバンでるので楽しい。
気になる方はういちさんの動画を見てもらうとわかるかと。


まぁハイパーリノについてはこんな感じ。


当面は鏡さんを楽しみにしながらトマト収穫に勤しみます。では。